ラーメン好きの温泉ソムリエが書く気ままなマリーンズ日記マリーンズ ≫ 甲子園球場遠征記②

甲子園球場遠征記②

スポンサーリンク

交流戦も無事終了しましたね。


マリーンズは惜しくもオリックスに及びませんでしたが、最終的には3位で終えることができたので上出来です。


ただ、リーグ再開後の西武3連戦で、さっそく貯金を使い果たしてしまいましたが……。


終わってしまったことは仕方ないので、明後日からの楽天戦でコツコツ貯金を積み上げていきましょう。




さて、本題。


今回は6月10日と19日の甲子園遠征記です。


雨天による試合開始前中止の悲劇から2日。


まずは、新今宮の南海そばで遅めの朝食。


南海そばは立ち食いそばのお店では、いちばん好きなお店です。


個人的なおすすめは、カレーそば。


おにぎりと一緒に是非、お試しあれ。
(画像は日替わり定食?的なものです。出汁がうまい)



s_IMG_9188.jpg



そして、やってきました甲子園。



s_IMG_9199 (1)



心配された雨は、なんとか大丈夫そうです。


レフトスタンドには、全国各地からマリーンズファンもたくさん詰めかけています。



s_IMG_9205 (1)



マリーンズの先発は、今や立派な大黒柱となったマイク。


立ち上がり、ピンチを招くと糸井にレフト前にポトリと落ちる運なタイムリーヒットを打たれます。


しかし、その後は完璧に立ちり、結果的には7回を投げて98球5安打7奪三振3四死球2失点と先発として十分な投球を披露してくれました。


打線も、藤岡のセカンドゴロの間に1点を返し、5回には再び藤岡のタイムリーヒットで逆転します。


阪神先発の高橋には負けられない気持ちが生んだ、素晴らしいヒットでした。


その後は、その1点を松永、内と繋ぎ阪神打線をシャットアウト。



s_IMG_9212 (1)




欲を言えば、もう少しチャンスでタイムリーが出れば、もっと有利に試合を進めることができたのですが、結果的に勝てたので贅沢は言いません。


勝ちは何よりも良い事です。


トリトンや沖縄限定応援歌も歌えたので、満足です。



s_IMG_9223 (1)



二次会も盛り上がり、気分良くひとりで梅田に呑みにいきました。



s_IMG_9226 (1)



とりあえず、生と刺身。



s_IMG_9228 (1)



カキフライ。



s_IMG_9231 (1)



レモンサワーと山芋短冊。



s_IMG_9233 (1)



鶏天とたまご天。



画像にはないですが、生は3杯飲んでいるにも関わらず、お値段2,400円。


やっぱり安い大阪駅前ビル。


久しぶりに楽しいひとり呑みでした。



スポンサーリンク

そして、翌日の予備日の試合も雨で流れ、当初の予定にはなかった19日に振替試合が組まれました。


たまたま宿直明けだったので、これは私に応援に行けということか!と迷わずチケット確保。


頑張って働いてその日を迎えます。


しかし、天気予報は無情にも雨予報。


前日からそわそわしながら当日を迎えます。


宿直を終え、球場に向かっている最中には、悪天候の為、入場見合わせの速報が流れてくるという不安な展開。


そんなこんなで、5時過ぎには球場に到着。



s_IMG_9723.jpg



そして、到着した瞬間に降りだす小雨。


自分のことながら、さすがの雨男っぷり。


しかし、嘆いていても仕方ないので、それ以上悪化しないことを祈って、腹ごしらえです。



s_IMG_9745.jpg



甲子園カレー(ホルモン)


安定のおいしさです。


雨天中止になった試合が中止になった振替試合ということもあり、甲子園にしては珍しい閑散具合。



s_IMG_9725.jpg



レフトスタンド(レフトビジター専用応援席)



s_IMG_9726.jpg



レフトスタンドとライトスタンド。



s_IMG_9729.jpg



3塁アルプス。



s_IMG_9747.jpg



マリーンズの先発は交流戦4勝目を狙う石川くん。


対する阪神は好投手メッセンジャー。


石川くんの甲子園発登板の具合とメッセンジャーをいかに打ち崩せるかが、この試合のポイントになります。



s_IMG_9759.jpg



阪神園芸さんが、頑張ってグラウンド整備をしてくれています。


結果的には、打線が立ち上がりのメッセンジャーを捉え、奨吾、角中、荻野のタイムリーで3点を奪います。


石川くんは立ち上がりからマウンドをしきりに気にする素振りを見せながらも、相変わらずのらりくらりと5回1失点でお役御免。


最低でも7回くらいまで投げるかと思っていたのですが、翌日以降、しばらく試合が無かったので、ある程度想定通りの継投だったようです。


それにしても、5回しか投げていないのに、ベンチであれだけのやりかった感を出せるのは、良くも悪くもいつもの石川くんです。


やりきった石川くんの後は南、大谷、益田、内と繋いで、しっかり阪神打線をシャットアウト。


最後の方は、かなり雨が降ってきたのでピッチャーは大変だったと思いますが、みんなよく投げてくれました。



s_IMG_9767.jpg



打線もチャンスは作るのですが、あと1本がなかなか出ないので、今後そのあと1本が出てくるようになれば、チーム全体の状態もどんどん上がってくると思います。



s_IMG_9771.jpg



二次会にもしっかり参加。


日曜日の二次会でちょっとした、いざこざがあり、その件に関して関西応援団の団長から謝罪がありました。


詳しくは書きませんし、色んなことを言う人がいるので、細かいことまでいちいち気にする必要はないと思いますが、今回の反省を踏まえた上で、ファンが一体となってチームを応援できるようなリードをしてくれればと期待しています。


だからこそ、あそこまで持って行ったのであれば、『西武には負けられない』を歌うべきだったと、私は思います。



s_IMG_9776.jpg



チームもファンも一丸となって、共に戦おう。





最後に……




通路からスタンドに出た瞬間、視界が一気に広がって、グラウンドが目に飛び込んでくるあの感覚は、何度味わっても鳥肌が立ちます。



s_IMG_9761.jpg



だから、野球観戦はやめられない。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
雑談 (9)
野球 (3)
マリーンズ (26)
レトロ自販機 (1)
ラーメン (3)
グルメ (2)
風景 (1)
温泉 (2)
梶浦由記 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ゆっくり見ていってください。

ランキング参加中

よろしくです。

検索フォーム

QRコード

QR