ラーメン好きの温泉ソムリエが書く気ままなマリーンズ日記温泉 ≫ 花山温泉

花山温泉

スポンサーリンク

本日、休日ナリ。


明日から怒涛の激務が待ち構えているので、今日は1日身体のメンテナンスをしよう。

と、いうことで和歌山市にある花山温泉に行ってきました。


そして、何気に初温泉記事です。

温泉っていいですよね。だいたいの日本人は温泉が好きかと。

私も大好き。温泉最高。日本人に生まれてよかった~と思います。


さて、これでも一応、温泉ソムリエの端くれなので、まずは簡単に温泉とはなんぞやというところから。

日本には、温泉法というものがありまして、そこで温泉の定義が定められています。

正式な言い回しはとてもややこしいので、ここではざっくり大切なところだけに絞って紹介しておきます。


『温泉』とは……

『地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭酸水素を主成分とする天然ガスは除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。』

以下、別表の内容です。


①温度が25℃以上であること。

②含有成分に関する19の特定の条件のうち1つ以上規定値に達しているもの。


つまり、温度か成分のどちらかが規定に達していれば、それは温泉です。

なので、冷たくても、成分が含まれていなくても、温泉となる可能性はあります。

ちなみに、海水は地中から湧出していないので、温泉でありません。


それと、みなさんご存知の通り、地球の中心にはマグマがあり、当然そこに近づくにつれて温度は上がっていきます。

地中を100m掘るごとに地下水の温度は2~3℃程度上昇すると言われているので、1000m程度掘って湧出した地下水は、だいたい25℃以上になっていることが多いそうです。

そうなれば、もう立派な温泉です。

お金を持て余している方は、ちょっと地面掘ってみませんか?


さて、温泉に関する簡単な説明はこれくらいにして、花山温泉を紹介していきましょう。



s_IMG_0510.jpg

スポンサーリンク

わかりやすく表現すると、花山温泉は、関西屈指の濃い温泉です。

泉質は、含二酸化炭素・鉄(Ⅱ、Ⅲ)-カルシウム・マグネシウム-塩化物温泉(高張性・中性・低温泉)。

なんやら、訳のわからん名前がいっぱいついてるな~、という感じですが、泉質名の決まり方等については、いずれ触れていくことにして、今日のところは、名前がいっぱいつくということは、それだけ成分がたくさん含まれている、という程度に思ってください。

温泉マニアの方向けに、もう少し情報を。

【泉温】 25.2℃
【ph】 6.6(中性)
【湧出量】 128L/分(掘削自噴)
【遊離二酸化炭素(遊離炭酸)】 2,631mg/kg
【溶存物質(ガス性のものを除く)】 17,120mg/kg
※花山温泉HPより抜粋

泉温は、源泉の温度です。花山温泉は低めの温度ですね。
(しかし、これが肝。あとで、とびっきりの入浴法をご紹介します)

phは水素イオン濃度です。
数値が低いと酸性、高いとアルカリ性になります。
花山温泉は、その間の中性。

湧出量は、1分間に湧出する水量ですね。
掘削自噴とは、ある程度掘削して、温泉が湧きだしている状態。
他に、自然湧出と動力揚湯(ポンプアップ)があります。

遊離二酸化炭素(遊離炭酸)は、説明が難しいですが、1000mg/kg以上あれば、かなり炭酸が強い温泉だと思ってください。

溶存物質(ガス性のものを除く)は、その数値が高くなる程、成分が濃くなると考えてくれて大丈夫です。
花山温泉は正直、ぶっとんでます。


今後、色々な温泉を紹介していきますが、これらの数値を頭の片隅にでも置いておいてください。

花山温泉が、どれだけすごい温泉なのかがわかると思います。



s_IMG_7963.jpg



さーて、焦らしてしまいましたが、いよいよ本日の入浴レポです。

ちなみに、浴場内の写真は撮れませんので、花山温泉の公式ホームページでご確認ください。
半端ない析出物が確認できます。


花山温泉は毎月26日が風呂の日、ということで次回以降に使える、入浴半額券がついてきます。
ただ、毎週木曜日が定休日なので、今月は26日がお休み。その関係で、27日の今日が風呂の日でした。

ラッキー。ちなみに有効期限は1ヵ月なので、要注意。

本当は、朝一で一番風呂を狙っていたのですが、うっかり寝てしまい、今回は断念。

と言うのも、いつも常連客と観光客で賑わっている花山温泉ですが、定休日明けの朝一は、地元の常連さんをはじめ、全国の温泉マニアが一番風呂を求めて集まってきます。

単純に、入念に清掃された後の新鮮なお湯が目的ということもありますが、花山温泉はその成分の濃さゆえに、しばらく人が入っていない状態が続くと、なんと温泉の表面にカルシウム成分が固まり、パリパリの膜が張るのです。

このパリパリを一番風呂で割りながら、入浴するのがマニアにとって至福の瞬間。
これを味わえるのは、宿泊者か定休日明けの朝一です。

私はまだ体験したことがないので、いずれはチャレンジしてみようと思っています。

さて、この日はお昼を食べてから12時頃の到着。

浴場内は思っていたより、人は少なめ。ほとんど常連のおっちゃんだけです。



s_IMG_0494.jpg



花山温泉には、内湯は加温浴槽が2つ。源泉浴槽が1つ。加温の露天風呂が1つ。その他にもサウナや水風呂があります。

加温浴槽は大きい方が約41℃、その上にある小さい浴槽が約37℃の設定で、源泉浴槽は約25℃。

全て源泉かけ流しで、循環はしていません。豊富な湯量でどんどん新鮮なお湯が浴槽へ注ぎ込まれています。


公式にも紹介されていますが、おすすめの入浴法は加温浴槽であたたまってから、源泉浴槽へ入るという温冷浴。

これを自分の身体にあった時間配分と回数で繰り返すことにより、より効果的に温泉の効果が効きます。

さらに、炭酸ガスは皮膚から吸収されやすい性質です。皮膚から炭酸を吸収して血流を約5~7倍に増加させる働きがあると言われており、体内に炭酸ガスが多く取り入れられると 体はより多くの酸素を取り入れようと血管を広げます。すると血圧も下がり血行が良くなります。

それと同じ効果があるのが、温冷浴なので、花山温泉はなんと全国的にも珍しい、炭酸泉での温冷入浴ができる温泉なのです。

加えて、 1日かけてゆっくりと何度も入浴を繰り返すことにより、効果は増大。

1度温泉に浸かり温まって、休憩、そしてもう1度入浴すれば、体内の副交感神経が高まり、最高の温泉効果を発揮できます。

無料休憩所もあるので、玄関を出ない限り、何度でも入浴する事が可能です。

そのうち、朝から温泉に入って、お昼ご飯を食べて、もう1度入浴して、マッサージをして、昼寝をして、最後にもう1度入浴なんてフルコースもやってみたいですね。


ちなみに、私は今日は2回入りました。

個人的に好きなのは、源泉浴槽と37℃のぬるめの加温浴槽の温冷浴。

まさに、天にも昇る心地よさでしたよ。



s_IMG_0495.jpg



廊下では、パイプの中を温泉が自噴している様子が見れます。



s_IMG_7972.jpg



飲泉もできます。

味は……めっちゃまずいです。

まぁ、それだけ成分が濃いということです。

ちなみに、飲泉許可をとるのはとても難しく、飲泉ができる温泉は多くはありません。

見かけたら、ぜひ飲みましょう!



s_IMG_7970.jpg



適応症も入浴時とは違いますしね。



s_IMG_7966.jpg



あまりの成分の濃さに、配管もこんなことになってしまいます。

大変な思いをして、メンテナンスをしながら、素晴らしい温泉を提供してくれている花山温泉さんには感謝しかありません。



s_IMG_7964.jpg



こんなものまで。



s_IMG_7967.jpg




すごいですね。



s_IMG_7971.jpg



はい。


ということで、記念すべき温泉記事、第1回目は花山温泉さんでした~。


温泉記事は体力を使うので、更新頻度はそんなに多くはできませんが、今後も、少しずつ関西の温泉を中心に、おすすめ温泉を紹介してきますね。


よろしくどうぞ。



~施設情報~
【名称】花山温泉 薬師の湯
【住所】和歌山県和歌山市鳴神574
【電話】073-471-3277
【時間】8:00~23:00(最終受付22:30)
【定休】木曜日(祝日の場合は営業)
【料金】
8:00~17:00迄 (大人)1100円、(小人)550円
17:00~22:30迄 (大人)850円、(小人)420円


~温泉情報~
【加温】有
【加水】無
【循環】無
【塩素】無
【方式】源泉かけ流し
【源泉浴槽】有


毎日、お湯を入れ替えて、常に新鮮なお湯を提供してくれます!

和歌山市内のど真ん中に湧き出る、奇跡の湯。

素晴らしい泉質の、超おすすめ温泉。

ぜひ、お試しあれ。


※週末や連休期間はとんでもない数の、入浴者数です。
まともに、湯船に入ることすら、ままならないこともあります。
新鮮な温泉を楽しみたい方、ゆっくり温泉を堪能したい方は、平日の訪問をおすすめします。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
雑談 (7)
野球 (2)
マリーンズ (22)
レトロ自販機 (1)
ラーメン (3)
グルメ (2)
風景 (1)
温泉 (2)
梶浦由記 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ゆっくり見ていってください。

ランキング参加中

よろしくです。

検索フォーム

QRコード

QR