ラーメン好きの温泉ソムリエが書く気ままなマリーンズ日記マリーンズ ≫ あー、悔しい。

あー、悔しい。

スポンサーリンク

悔しいです。


今日はマリーンズネタを書くつもりはなかったのですが、あまりにも悔しかったため、衝動的に更新です。


先発のマイクはよく試合を作ってくれました。
打たせて取るピッチングで、相手に得点を与えません。
5回のピンチは、1度はセーフとなった相手の3盗の判定に対して、見事なリクエスト成功でピンチを乗り切りました。

この時点で球数は100球未満でしたが、しきりに足を気にする仕草を見せていた為、今から思えば早めの継投に切り替えても良かったのかもしれません。

6回は先頭の源田にツーベースで出塁を許すと、続く浅村にはピッチャーライナーをくらい、マイクは降板となります。
後を受けた大谷は、2アウトまでこぎつけるも、外崎に同点ツーランをバックスクリーンに被弾してしまいました。
カーブが甘めに入ってしまったのが悔やまれます。


打線の方は、このところ湿りがちだったクリーンナップの3番奨吾、4番井上に久々の1発が飛び出す、普通のチームであれば理想的な展開。そう、ここが肝でマリーンズの3番、4番がアベック弾を打つ時点で、察しの良いマリーンズファンならこう思うでしょう。


あー、なんか雲行きが怪しい……と。


ホームラン2本ともソロでしたしね。


その後、試合は一見落ち着きを取り戻したかのように見えましたが、8回。
ついに試合が動き出します。


まずは、マリーンズの攻撃。

なんやかんやで、球数少なく試合を作っていた、西武の先発菊池から2アウトながら満塁のチャンスを作ると、4番井上のドン詰まりの当たりは、飛んだ方向がよくライト前に抜ける2点タイムリーとなります。さらに、折れたバットを菊池が蹴っ飛ばして負傷。治療の為に一旦ベンチに下がります。

かなり痛がっていたし、勝ち越しも許したのでここで降板かな~と、思っているとケロッとした顔でマウンドに戻ってきました。


ここで2度目の、雲行きが怪しいなー。


その後、大地がフルカウントから際どい外角のスライダーを見送って、フォアボール。
再び満塁のチャンスを演出すると、ここで本日ノーヒットの清田。

外角の変化球をうまーく弾き返した球は、試合を決定づけるライト前に落ちるタイムリーになるかと思いきや、まさかの外崎のダイビングキャッチ。西武側は大盛り上がり。絶体絶命のピンチを最小限の失点で抑えました。


ここで本日3度目の、あー、雲行きが(以下省略




スポンサーリンク

2点リードとなったマリーンズですが、まったく心に余裕がありません。
むしろ、同点時より胸が不安でいっぱいです。

私と同じ気持ちだったあなたは、もう立派なマリーンズファン。
そろそろ手元に胃薬が欲しくなります。


勝ち越しを図るべく、マウンドには勝利の方程式(仮)の一角、シェッパーズ。
制球とランナーを背負った際のピッチングが不安要素です。


ちなみに、その際にスポナビ速報の記載がこれ。

『ピッチャー大谷に代わって「そびえ立つマリンタワー」シェッパーズがマウンドにあがる。』


ごめんなさい。めっちゃツボに入ってました。

そびえ立つマリンタワーって……。

誰だよこんなネーミング考えたの。


……炎上する気しかしねーじゃねーか!



はい、本日4度目の雲行k(以下略



案の定、マリンタワーさんは先頭を抑えるも、2者連続四球でピンチを演出し、松永さんに後を任せます。

左の森に対し、左の松永。
今年の松永は四球を出すことも少なくなり、今の救援陣において数少ない安定した投手です。

ただ、今日は絶賛雲行き怪しいマリーンズ野球。

外角の素晴らしいスライダーに森の止めたバットが当たります。

ボテボテのショートゴロ。

……如何せんボテボテすぎました。

内野安打で満塁のピンチ。


バッターは本日の主役。実家がリンゴ農家の外崎。
ピッチャーは松永から益田へ。

松永は何も悪くない。
大事なことなので、2回言います。
松永は何も悪くない。


益田にはとにかく押し出しだけはやめてくれ、と祈る気持ちで見守っていました。


幸い、投球はストライクゾーンに吸い込まれ、外崎見事にセンター返し。

あー、こりゃ終わったわ、と思った瞬間、期待のルーキー藤岡くんが、そのセンターに抜けようかという痛烈な当たりをグラブを目いっぱい伸ばして、スーパーキャッチ。すかさずセカンドの奨吾にトス。2塁はアウト。


私は、発狂。

藤岡ナイス!


しかし、次の瞬間……


奨吾、ファーストへ悪送球。


私、再び発狂。


しょぉおおごおおおおぉぉぉおおおお!?


今年はあまり見ていなかった、マリーンズ名物、暗黒プレーです。
井口監督になったから、守備はバッチリとは何だったのか。

今年も健在、マリーンズ野球。
実家に帰って来たような安心感です。


スコアは同点。
でも、気持ち的には完璧に追い詰められています。


とりあえず、気持ちを静めるべく、手に握りしめていた胃薬を缶ビールに持ちかえます。

そして、自分に言い聞かせます。

まだ同点。ここをしっかり抑えて、次の回に勝ち越して、内がしっかり締めて連敗ストップや……。


……うん、ムリ。


そんな展開、今日のマリーンズに出来る気がしません。
そんなことができるなら、今頃すんなり逃げ切ってマイクがヒーローインタビューを受けているでしょう。


案の定、益田は代打栗山に勝ち越しタイムリーを許し、先程ファインプレーを披露し損ねた藤岡くんが、マリーンズ野球に染まったかのようにタイムリーエラー。続く秋山には左中間突破のダメ押しタイムリーを浴びてこの回一挙6失点。


敗戦ムードが濃厚になります。


このあと9回に、代打福浦が痛烈なピッチャー返しを放つも、増田のグラブに当たり不運なピッチャーゴロになったところで、私は晩御飯の準備をすべく席を立ちます。



その後、20分くらいしてスコアを確認すると……


あれ?

なんか、また追いつかない程度の反撃してるし……。



こうなると、勝ち越しを許した後の、無駄な失点が悔やまれます。


仮に逆転しようものなら、8回の3アウト目、源田のショートゴロの判定が、内野安打からリクエストの結果、アウトになったシーンが地味に活きてくるところだったのですが、そこまで甘くなかったです。審判もホッとしたことでしょう。


まぁ、たとえ勝ったとしても、おそらく素直に喜べない勝ちになったでしょうし、今日に関しては負けるべくして負けた試合です。


2戦連続左腕から点をほとんど取れなかったことを考えると、菊池を攻略できたことは前向きに捉えて、明日からの2試合、全員野球で、なにがなんでも勝ち越しを目指しましょう。


それと、レフトでスタメン出場した三木も活躍しましたし、9回に意地のタイムリーを放った大河も、井口監督には積極的にスタメンで使ってあげて欲しい。


明日の先発は酒居。

今シーズンはまだ本調子ではありませんが、怯むことなく、強力、西武打線に真っ向から立ち向かってほしいです。

そして、エラーをしてしまった選手たちも、今日の失敗を後悔するのではなく、どんどん積極的なプレーで投手を助けてあげてください。


ファンも応援で引っ張っていきます。



マリーンズファイティン。











スポンサーリンク

スポンサーリンク

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
雑談 (9)
野球 (3)
マリーンズ (25)
レトロ自販機 (1)
ラーメン (3)
グルメ (2)
風景 (1)
温泉 (2)
梶浦由記 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ゆっくり見ていってください。

ランキング参加中

よろしくです。

検索フォーム

QRコード

QR